カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
特集SPECIAL FEATURE

LOOPWHEELER
×
ジブリ美術館

2022.10.14

ー「世界一、正統なスウェットシャツ」をー という理念のもと、吊り編み機を使った昔ながらの製法で、日本製のスウェットウェアを作り続けている『LOOPWHEELER(ループウィラー)』。
「一つの服を着心地よく、長年にわたってその風合いを失うことなく、次の世代へ味わいを残し続けることができる」という、ものづくりへの姿勢に共感し、2007年よりコラボレーションがスタート。以降、毎年ジブリ美術館オリジナルの新デザインを発売し、今年で15年目を迎えます。

ジブリ美術館オリジナル LOOPWHEELER ハイジップフーディ 2022/各26,400円(税込)

ゆっくりと時間をかけて編んだ生地から生まれたループウィラーのスウェット最大の特徴である「やわらかさ」は、ぜひ一度手に取って感じていただきたい触り心地です。
ジブリ美術館の冬の定番となったループウィラーとのコラボアイテム、初のオンライン販売の機会をどうぞお見逃しなく。

日本に現存する機械はわずかという「吊り編み機」
スウェットはこの機械を使って、1mに1時間をかけじっくりと編まれます
(写真はループウィラー千駄ヶ谷店に展示されている吊り編み機)

ジブリ美術館オリジナル
LOOPWHEELER ハイジップフーディ 2022

フードの立ち上がりとスッキリとしたシルエットが特徴の「ハイジップフーディ」はループウィラー定番のアイテム。
胸元に、3羽の鷹・イノシシの頭・木の下のトトロで、それぞれ「三鷹」「井の頭公園」「ジブリ」をあらわしたジブリ美術館の紋章と「GHIBLI MUSEUM」のイニシャル<GM>のワッペンがついています。
<マルチカラー>と<グレー×オートミール>の2色、そして<S~LL>の4サイズをご用意いたしました!

背面の裾には、傘を持ったトトロやマックロクロスケ、カエル、そしてループウィラーのロゴがプリントされています
袖口には「ループウィラー」と書かれたタグがついています
カタカナ表記はブランドのこだわり
初期のコラボレーションから続く、ジブリ美術館の紋章ワッペン
「GMMLWTTR」はジブリ美術館・ループウィラー・トトロの頭文字です…♪

日本に残された希少な製法で、色々な人たちの手によって大切につくられているループウィラーのスウェット。
創業者である、ループウィラー 代表の鈴木諭さんにお話を伺った「マンマユート便り」もぜひ併せてご覧ください。

▼マンマユート便りVol.22「着るたびにからだの一部になってゆく……ループウィラーのスウェット&パーカ」
https://www.ghibli-museum.jp/shop/gior/013163/

商品ITEM