カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
特集SPECIAL FEATURE

ジブリの世界につなぐ窓
-ハウルの動く城-

2023.01.06

スタジオジブリや、ジブリ美術館にある不思議な窓。
「窓のない部屋でも壁の向こうに外の景色が広がっていたら、開放的で明るい気持ちになれるかもしれない」という想いから描かれました。
そんな窓から発想を得て新たに完成したのがArt of collection of Ghibli Museum~ジブリの壁窓〜「ハウルが来る町」です。
お部屋に貼ると映画『ハウルの動く城』でソフィが眺めた“あの”窓からの風景が広がります。大きく開いた窓から望めるのは荒地をゆくハウルの城、ソフィーの住む町…スタジオジブリ描き起こしの美術背景をぜひご自宅でお楽しみください。

「ハウルが来る町」

映画『ハウルの動く城』でソフィが眺めた窓越しの風景が壁に貼れるアートに。
Art Collection of Ghibli Museum~ジブリの壁窓~「ハウルが来る町」14,850円(税込)ヴァンヌーボ紙製
ハッタ―帽子店の奥にあるソフィーの仕事部屋。
「見て、ハウルの城が来てる」「ほら、あんな近くに…」
お針子たちが噂話をしているとき、ソフィはどのような景色を見ていたのでしょうか…
ソフィが住む町。異国情緒溢れる佇まい。
氷河が残る美しい山々。
雲間から現れたのは、荒地の斜面をゆくハウルの城。
長年使い込まれた雰囲気を醸し出す、木の窓枠にもご注目ください。
「原図」と呼ばれる設計図。描いたのは映画『ハウルの動く城』他、多くの作品で作画監督を務める山下明彦さん。
風景に奥行きを感じさせる技がふんだんに盛り込まれます。
ジブリの壁窓「ハウルが来る町」原画。
原画の背景美術を描き起こしたのは、『ハウルの動く城』他、多くの作品で美術監督を務めた、武重洋二さん。
武重さんの絵筆で新たな物語が描かれていきます。
ハウルの城に命が吹き込まれる瞬間。煙突から立ち上る煙が風になびいてます。
迫力満点の美術背景をご堪能いただけるよう、特大サイズに出力しました!粋を尽くし描かれた筆跡を間近に感じていただけます。
壁に貼るだけで、近くまでハウルの城がやってきたような錯覚に。額縁は必要ありません。

お部屋にいながら、澄んだ空気を感じられそうな窓越しの風景。ぜひ『ハウルの動く城』の世界観に思いを馳せながらお楽しみください。

・こちらの商品は2月中旬以降発送予定です。
・ジブリ美術館ミュージアムショップ「マンマユート」での発売は2023年2月15日(水)を予定しています。
※商品は発売日の変更や、品切れとなる可能性がありますので、予めご了承ください。
※ジブリ美術館は日時指定の予約制です。

*****************************

ジブリ美術館にある様々な「ニセ窓」…ジブリ美術館にお越しの際は、ぜひ探してみてください!
商品ITEM
三鷹の森ジブリ美術館オンラインショップ マンマユート> 特集一覧> ジブリの世界につなぐ窓
-ハウルの動く城-